伝票印刷

合計請求書とは?どう使う?


 

発行者、受領者側ともに合計請求書は大切な請求方法なのです

 

合計請求書は、自営業のお客様や経理を担当しておられるお客様にとっては、すっかりお馴染みの請求書だと思いますが、合計請求書について、少し説明させていただきます。

まず、請求書は商品を販売する都度に発行するのが基本です。一案件一請求ですね。 このため請求を受ける方は、経理の締め日までに受理した各請求書を計算して、当該月の請求合計を確定するわけですが、取引先が非常に多い場合、当該月の請求、さらに前月残高の確認など、この経理処理がたいへんです。

このため合計請求書の発行をお願いするという受領者側の事情があります。

 

締め日以降の請求を前月残高として確認できます

 

さらに、請求書を発行する側からは、会社によって締め日が異なりますので、締め日以後に発行した当該月の請求も、受領者側と確認しておく必要があります。

例えば、20日締めのケースでは、21日から月末に発行した請求は、受領者は当該月ではなくて翌月の処理にまわしますので、こうした締め日以降の請求残高を発行者、受領者双方が確認しておくことが大切です。

つまり合計請求書は、請求する側が当該月の請求合計と前月の残高を受領者側に知らせる、そして受領者側は締め日までの請求合計と前月の締め日以降に受領した請求残高を確認するという役割を果たしているのです。

 

当店の合計請求書は、お取引先の事情に合わせてカスタマイズできます

 

具体的には、合計請求の方法と内容は、当該月の請求の件数と金額の合計と前月残高を記載した合計請求書に、各案件ごとの個別の請求書を添付します。

この添付する個別の請求書は、当該月はもちろん、前月残高となる前月の請求書も必要ですのでお忘れないようにしてください。

以上、合計請求書が必要になる意味と、その内容と方法について見てきましたが、あくまで基本ですので、お取引先によって記載内容等が変わる場合もあります。

当店の合計請求書のテンプレートから選択していただくか、またはお取引先に応じてカスタマイズもできますので、是非、ご利用いただきたいと思います。






商品一覧・ご注文へ

作り方や料金など何でもご相談ください。