伝票印刷

納品書と領収書を分ける必要ある?


 

ご商売をされていて、商品を売った場合に買い主にわたす伝票といえば納品書、そして領収書ですが、納品書と領収書をどのように使われていますか? 納品書と領収書を一緒にわたす場合もありまし、一方だけをわたす場合もありますよね。 納品書と領収書は、どのような商行為で必要になるのか、その使い方をちょっと整理しておきましょう。

 

店舗販売、さらに納品の仕方によって異なってきます

 

まず、店舗での販売では、納品書は必要ありません。お客さんが選んだ商品をレジやカウンターで手わたすと同時に、お客さんは現金やカードでお支払いしますが、この場合は、支払いを受領した証として、領収書をわたすだけで大丈夫です。 納品書が必要になるのは、お客さんのいる場所、もしくはお客さんが指定する場所に商品を届ける場合です。 つまり納品の場合ですね。領収書については、売り主本人や自社で届けるのか、それとも宅急便業者や運送会社を使って届けるのか、納品の方法や契約内容によっても変わってきます。

 

契約内容によっては納品書と領収書を分けるケースも

 

通常は、売り主本人がお客さんに商品を届けるときには、納品書と領収書を用意しておく必要があります。 納品書には注文の内容を記載します。商品名や商品の内容、数量、単価、金額などですね。お客さんは、注文した内容と商品が間違いないかを、確認して支払いますので、領収書も必要になります。 ただ、契約の内容によっては、商品配達後の後日請求もありますので、支払い条件によって当然、領収書を一緒にもって行く必要はありません。

 

代引などの運送業者の代金集金では、一般的に領収書は必要ありません

 

一方、宅配業者や運送会社をとおして、商品を送る場合は、領収書を添付する必要はありません。ただし納品書は必ず必要ですので、同封するようにしなければなりません。 注文の内容を買い主が確認するための重要な伝票だからです。 最近よく使われている代引についても、納品書は必要ですが、領収書を添付する必要はありません。代引など宅配業者や運送会社が売り主に代わって、代金を集金する場合は、受取りに買い主がサインもしくは押印することで、買い主の商品の受領と、売り主の代金の受領を担保することになります。 このため、受取りの伝票は必ず複写になっているのです。






商品一覧・ご注文へ

作り方や料金など何でもご相談ください。