伝票印刷

パソコンで印刷した領収書は有効?


企業間の取引の決済は今日では、銀行決済がほとんどですので、現金の支払いや受取りということがなくなってきましたね。このため領収書を発行する、または受け取るという機会は企業ではめっきり少なくなってきました。 一方、領収書は対消費者の場面では、欠かせません。個人がお客さまになるご商売、特に飲食店では領収書の発行は日常茶飯でしょう。 さて、そんな領収書ですが、銀行決済がほとんどで事務所には領収書がない、ところが急に現金のやり取りが必要になって領収書を発行しなければならなくなった、そんな時、どうしましょうか?

 

求められる記載事項など形式の正しさ

 

いくつかの方法が頭に浮かびますね。 まず、今後も領収書を使う機会が増えてくるようでしたら、当店の「最短翌日発送」でご注文いただくのがベストです。 が、今後もほとんど領収書を使わない、さらに今回も一枚だけ領収書があればよい、ということであれば、パソコンで作成するのが手っ取り早いですね。 ただ、この場合、気になるのがパソコンで作った領収書でも、ちゃんと領収書として役に立つのか?ということなのですが、答えは有効です。 領収書の記載事項などの形式が正しければ、パソコンで作ったものでも、手作りであっても金銭の受領を証明する領収書として使えます。

 

用紙サイズの規定はありませんのでA4でも大丈夫

 

それでは、領収書として通用するための記載事項など領収書の正しい形式を紹介しておきます。書面のタイトルは領収書です。記載する必要事項は年月日・相手の名前または名称・金額・発行者の名前または名称・但し書きです。 また、発行者の名前または名称の記載カ所には、押印します。 忘れてならないのが収入印紙です。受け取った金額が5万円以上の場合は、200円の収入印紙を貼らなければなりません。 以上の形式を備えていれば、立派な領収書ですので、胸を張ってお渡しください。 なお、一般的な事務所ならA4用紙にプリントアウトすることになると思いますが、用紙サイズについては規定がありませんのでA4サイズでも大丈夫です。






商品一覧・ご注文へ

作り方や料金など何でもご相談ください。