伝票印刷

納品の際に納品書と受領書を同封する必要がある?


 

売買取引で商品を送る場合に、納品書を添付しますが受領書はどうされていますか?納品書に加えて受領書も添えていらっしゃいますか?「受領書なんていう伝票は知らない」という方が大半ではないかと思います。そこで納品書と受領書の今日的な意味と、受領書の別途添付が必要なのか、考えてみましょう。

 

納品書は注文内容を確認する伝票です

 

まず納品書ですが、これは売買取引において売り主が、送る商品の製品名などの内容と数量、単価、金額を記入する伝票です。買い主は届けられた商品を、同封されている納品書に照らし合わせて、商品の内容や数量等が注文とおりかどうかを確認します。日頃のご商売では、普通に見られる売買取引の基本ですよね。売る側、買う側ともに納品書は取引の内容を示し、確認するための大切な伝票であることは、ご理解いただいていると思います。

 

受領書は、買い主が商品内容を確認して受け取ったことの証となる伝票です。

 

一方、受領書は買い主が商品を受け取ったときに、商品の内容が納品書に記載されている内容と同じで、注文とおりであることを確認して、受け取ったということを送り主である売り主に伝えるための伝票です。実務的には、売り主は納品書とは別に受領書と返信用の封筒を同封します。買い主は、受け取った印として受領書に押印して返信用封筒で売り主に受領書を送付するということになりますが、今日では、このような商習慣は、ほとんど行われていません。

 

宅急便の台頭で、受領の仕方も簡素に

 

今日では、売り主が受領書によって、買い主の受領を確認する代わりに、受領の確認は、宅配業者や運送会社が代理するようになっているためです。宅配便や運送会社を介して商品を送った場合、必ず受取人のサインや押印を求めます。これが受領書になっているのです。運送会社の場合は、荷物を降ろすときに商品の内容、数量が納品書の記載とおりであることの確認を受取人に求めますが、宅急便の場合は受取りだけの確認です。

 

今日的には受領書の必要性は薄らいでいます

 

このため中味が注文とおりの商品なのかわかりませんので、受領書を同封する必要があるように思えますが、実際の取引では、受領書の同封の有無に関わらず、商品が違っていたり数量不足などの瑕疵があれば、売り主に連絡を取りますので、実務上のデメリットは何も変わりません。

受領書を同封する必要性は、今日的には非常に薄らいできたと言え、実際の商取引においては、商品を送付する場合に受領書と納品書を別途同封するということは、行われなくなっています。






商品一覧・ご注文へ

作り方や料金など何でもご相談ください。